広島で人気の相続に強い弁護士

法律の専門家に任せよう

遺産相続 遺言書について

time 2021/06/21

遺産相続 遺言書について

人が亡くなったときに、その人が生前所有していた不動産や預貯金などの財産や権利などを配偶者などが引き継ぐことを遺産相続といいます。遺産相続の範囲などは民法で定められていますが、遺産は原則的には、亡くなった本人が自由に処分することができます。そのためには遺言書が必要となり、遺言書があればその内容のとおりに遺産分配が行われなくてはいけなくなります。遺言とは自分に万が一のことがあったときに、自分が所有する財産を誰にどれだけ、どのように託すかを決める意思表示のことです。

どのような記し方でも良いかと言うと、そうではなく民法の規定に従って残したものが、その人の最終的な意思表示として法的効果のある遺言書として認められます。規定に従って記した遺言書は、その人が在命中であれば基本的には何度でも内容を変更することは可能です。ただし、民法の規定に従っていないものは無効となり法的な効力はありませんし、遺書が残されていてもそれには法的な効力はありません。遺言の手続きに関する財産目録制作の費用や遺言執行者への報酬などにかかる諸費用は遺産相続をする際に相続人が負担することになっています。

遺言状には自筆遺言、公正証書遺言、秘密遺言などの普通方式のものと、死亡危急者遺言、船舶遭難者遺言、伝染病隔離者遺言、遠隔地遺言などの特別方式の2つの形式があり特別方式はある段階の事情によって作成されるものですので、普通方式の遺言状が一般的です。遺言書がなければ民法に定められた法定相続人が遺産相続をします。

down

コメントする