広島で人気の相続に強い弁護士

法律の専門家に任せよう

交通事故の慰謝料について

time 2021/05/18

交通事故の慰謝料について

交通事故での慰謝料には、乳通院と後遺障害の2つがあります。後遺障害は比較的スムーズに支払いがされるケースが多いです。乳通院の方は、被害者側が保険会社に良くない感情を持って臨んでくることが多いのか、有利にことを進めたいという思いを強く出し過ぎる傾向があるのか、とにかくうまく話が進展しない場合があります。まずやるべきことは、交通事故の慰謝料の正しい計算式について、事前に勉強しておくことです。

最初に自賠責基準の計算式ですが、入院と通院の日数を2倍にした数と、治療期間の日数を比較して少ない日数の方が適用されます。その少ない日数に4200円をかけた金額が支払額になります。これが120万円を超えると、任意保険基準での計算式によっての算出になります。任意保険基準の計算式ではあらかじめ作られた表をもとに、ケガの程度よって支払額が増えたり通院日数によって減ったりするようになっています。

また交通事故での慰謝料の請求にあたり、保険会社と交渉する場合は弁護士基準の計算式で請求することになります。こちらももとになる表があり、それに従って支払額を算出していきます。しかし弁護士を雇っていないのに弁護士基準での支払いが認められることは無いので、それなりの対処が必要になります。弁護士特約がついているならばそれを活用したり、無料で利用することができる交通事故紛争処理センターなどもあります。

自賠責、任意保険、弁護士と3つの計算式があるということを事前に知って理解しておけば、交通事故の慰謝料請求が、わかりやすくスムーズにいくのではないでしょうか。

down

コメントする