広島で人気の相続に強い弁護士

法律の専門家に任せよう

交通事故の慰謝料請求の考え方を理解しよう

time 2021/05/06

交通事故の慰謝料請求の考え方を理解しよう

交通事故で慰謝料請求をするときには、どの範囲でお金を請求できるのかをしっかりと理解しておかなくてはいけません。交通事故に巻き込まれたときには、慰謝料請求だけではなく他の権利も一緒にして賠償を請求することが一般的であるため実際に請求するときには分けて細かく金額を計算することが大事です。では、交通事故の際に請求することが可能な権利とは一体どのような権利があるのでしょうか。これは、主に二つの権利で分けることが出来ます。

一つは、自動車の損失に対する損害賠償請求権です。損害賠償請求権は、一般的な生活で利用される弁償とほとんど同じ意味を持った請求権です。物を壊したときには壊した相手に対して弁償を請求することがありますが、法律的にも物的な損失を被ったときには損害賠償請求権で相手に対してお金を請求することが出来るのです。そして、もう一つが被害者自身の損失を補填するための慰謝料請求です。

慰謝料請求に関しては、自動車の損失と異なって弁償してもらうわけではありません。それぞれの被害によって程度が大きく異なるため、請求額に関する法律的な上限はないものと考えて良いのです。もちろん、一定の基準として過去の例などを参考にすることもありますが、被害者が求めればそれ以上の大きな賠償を請求することが可能です。実際に交通事故の慰謝料を請求する際には被害者が被害を受けたことに関する証拠が必ず必要なのでそれを準備しましょう。

down

コメントする