広島で人気の相続に強い弁護士

法律の専門家に任せよう

自己破産の経費について事前に法律相談で聞くのが良い

time 2021/04/03

自己破産の経費について事前に法律相談で聞くのが良い

借金の返済ができないことを解決したいときには、いくつかの債務整理の中からその人に適している手続きを行うことが大切です。どうしても支払っていくことができないときには、すぐに自己破産をして抱えている借金を帳消しにしたいと考える人もいると言えますが、自己破産にもデメリットは存在しますので、債務者の収入や財産、借り入れ金額などを総合的に判断してから、最も良い方法を選択する必要があります。債務者個人にとってどの手続きを行うことが最も良いのか、または抱えている借金額を減らすことができるのかなどについては、弁護士に法律相談することで適切な説明を受けることができます。また、弁護士への法律相談に関しては無料で受けられる事務所もありますので、無料相談を行っている弁護士事務所を探して質問をすることで、費用をかけずに良いアドバイスを受けることが可能です。

自己破産をするときには、弁護士の法律相談を受けることで発生する費用の他に、裁判所に支払うべき費用もあります。裁判所に支払うべきものとしては、予納金や郵便代、収入印紙代などが必要となり、借り入れを行っている貸金業者の件数によっては郵便代も1万円以上かかることが考えられます。自己破産は保有している財産が少ないときには同時廃止事件になりますので、予納金としては1万円から3万円ほどで済みます。しかし、管財事件になったときの予納金は、最低でも50万円が必要になりますので、自己破産を行うことが的確な判断かどうか弁護士の法律相談を受けて説明を受けておくことがおすすめです。

広島で離婚相談のことならこちら

down

コメントする