広島で人気の相続に強い弁護士

法律の専門家に任せよう

弁護士による相続の方法について

time 2021/02/18

弁護士による相続の方法について

相続の方法には大きく分けて三つが挙げられますが、弁護士は法定の範囲内で決められた要領で正しく財産を検討しなければならないのです。弁護士はそれが仕事なのでやむを得ないのですが、実際の相続は共有状態の緊張による当人同士の人間関係の悪化などの恐れが出てくるため、簡単にはいかないのがこの相続方法の決定における問題なのです。どの弁護士に相談するかがまず争点となるのは考えるまでもないですが、基本的に法律のマスターである以上理に全く適っていない方法を適用することは到底考えられないので、その点に関しては不安に感じてしまうと逆に不公平感を募らせてしまうことにつながりかねません。なのでそうした不平不満を極力抑えるためにも、弁護士と当事者間が納得のいく形で相続を進めていくことが最も合理的で安心なのです。

種類としては現物、換価そして代償という形が存在しますが、いずれにせよ物品という形で進めるのかはたまた現金で考えていくのかといった方向性を決める問題になってきます。最終的にどうなるかは話し合いの末に決められてくるものですが、この段階でもめ事が起こるなど法律的に対処が難しくなる局面でもあります。それを最も合理的に解決していくのが弁護士たるものであり、この職業が存在しない限り相続における大きな摩擦が消えることは未来永劫ないのです。ただ円滑に進めるというのがコンセプトなので、結果的に当事者同士が正しい合意を得るかどうかにかかってきます。

down

コメントする