広島で人気の相続に強い弁護士

法律の専門家に任せよう

弁護士による相続相談について

time 2021/02/15

弁護士による相続相談について

相続については、どのようにすれば良いのかよくわからないという人が多いと思います。そして、これらの問題は親族間のトラブルになりやすく、非常に重要な問題です。大切なことは、自分一人で解決しようとせずに、きちんと弁護士に相談することです。相談するために、まずは電話かメールで弁護士事務所に相談の予約をしましょう。

その時大切なことは、相続問題に強い、実績のある弁護士に相談することです。そして、実際に相談する場合は、あらかじめ料金の説明を聞き、提示された金額に納得してからサポートしてもらいましょう。相談が必要なこととして、遺言を書いた方が良いかという問題があります。遺言とは、生前の最終的な意思表示ということになります。

これにより、自分の財産を誰にどれくらい分配するかを自由に決められるということが法律で決められています。なので、少しでもこじれる可能性がある場合は、遺言書を作成しておくと良いでしょう。遺言書の法律的な書き方については、弁護士に相談した方が良いです。他には、相続放棄についての問題があります。

これは、プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合などに、権利そのものを放棄することをいいます。そのための条件は、相続開始を知ってから三ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申請をしなければいけないということです。これらも、詳しい内容については、弁護士に相談すべきです。遺産についての問題は、親族間の揉め事になりやすいので、必ず相談しておくことをおすすめします。

down

コメントする