広島で人気の相続に強い弁護士

法律の専門家に任せよう

相続トラブルは弁護士を間に入れて予防する

time 2021/02/12

相続トラブルは弁護士を間に入れて予防する

どんなに仲がよかったとしても、相続が原因で揉めて家族の間に亀裂が入ってしまうということは珍しいことではありません。こうしたトラブルを予防するためには、法律に則ったルールをもとに話を進めることが出来る専門的な知識を持った弁護士を間に入れることが理想といえます。なぜなら、相続には様々な法律が絡むため、多くの争点があるからです。例えば、いつ遺産を受け取ることが出来るのかということから遺産の範囲、遺言書の有無、相続人が誰なのか、遺留分減殺請求を行うのかどうかなどです。

元から法律を勉強している方であればこうした争点を全て解決することが出来るかもしれません。しかし、多くの場合は、こうした知識がない状態で家族と話を進めなければいけませんので、それぞれが自分の権利を主張しあってしまい、トラブルに発展してしまう可能性が高くなるのです。また例え、自分で解決をしようと法律の知識を学んでも、当事者である方の説得では聞く耳を持ってもらえない場合もあります。このような時に、第三者の視点に立って、全ての相続人の権利関係をはっきりとさせ、かつ明確な決着点に導くことができることが出来る弁護士の存在は非常に有用なのです。

ですので、こうしたトラブルが起こりそうな時は、起こってしまう前に早めに弁護士に依頼をすることが重要です。また相続トラブルに強い弁護士であれば、事前の相談を無料で行っている場合も少なくありませんので、費用が気になる場合は、まず相談することからはじめるとよいでしょう。

down

コメントする