広島で人気の相続に強い弁護士

法律の専門家に任せよう

弁護士が行う相続に関する業務内容について

time 2021/02/03

弁護士が行う相続に関する業務内容について

相続に関して、当事者間で意見が一致しない場合や、問題が起きるかもしれないような場合には、解決の方法として弁護士への依頼が最適で安心できる方法となります。弁護士が相続に関して行う業務は多岐に渡り、その内容としては、交渉案件から始まり、調停、訴訟、遺産分割サポートなど遺産に関係する全ての内容、また、相続人に関する全ての内容や金融機関に関してのサポート、そして、場合によっては遺言関係や失踪宣言申立、成年後見、保佐、補助といった内容まで様々なものがあります。行われる業務に関しては、事務所によって料金には違いがあるものの、概ね、初回での相談費用が無料となっている場合が多く、その後の相談に関しては30分単位で金額が決められており、3,000円、5,000円の場合がほとんどとなっています。弁護士が行う業務の中では、当事者間における交渉や調停が多く行われますが、話がこじれてしまった場合には訴訟に発展する場合もあり、そのような場合には相手方も弁護士を立てて応じることがほとんどとなります。

相続で多く行われている交渉に関しての概要としては、まず、業務としては弁護士が代理として調停や裁判をせずに話合いで解決を図ることになります。この場合の着手金は案件によっても加算される場合がありますが、概ね、200,000円~300,000円となっており、他に、補修金として300,000円~400,000円程度がかかることになります。ここでは加算されるポイントとして、財産の額や数、当事者人数、特別受益や気余分の有無等があることを理解しておく必要があります。他の事例に関しても流れとしては、ほぼ同じ内容となっており、大切なことは業務内容jと料金に関しての確認を行うこととなり、業務委託契約書の取り交わしは忘れずに行うことをあげることができます。

広島で相続のことならこちら

down

コメントする